FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

WINDING ROAD

(2012年9月30日 削除)


押しボタン式信号機ってありますよね?

横断歩道を渡るときに押すと、歩行者信号が青になるというものです。

今日、vansanはその信号機がある横断歩道を渡るべく、まだ押されていないボタンを押しに行こうとしました。
すると、vansanと同じようにボタンを押しに来た女性が視界の横から入ってきました。

その瞬間、ばっと目が合いました。

歌手の絢香と大塚愛を足して2で割って、更に3割増しで可愛くしたような女の子でした。
どんだけ可愛いんだよと。

その女の子の方が押しボタンに早く辿り着きそうでした。
そのとき女の子が「私が押しますよ」という感じでニコッと微笑んだんですよ。
だからこちらも「あ、お願いします」という感じで笑顔で返しました。

すると、女の子はチョコチョコチョコっと小走りになりボタンを押してました。
それが凄い可愛かったですね~。
年齢はvansanよりちょっと若いくらいですかね~。

あ、それだけですよ。
横断歩道を渡った後は行く方向が違いましたから。

その子、服装もまた可愛かったんですよ。
着丈が長めのサラッとしたカーディガンにショートパンツ、大人の中にもちょっとだけガーリーな雰囲気も見えるみたいな。
そんな服、vansan好きですね~。

vansan好きですね~…とかお笑い芸人みたいな顔しているくせにすみません(汗)。

さて、絢香×コブクロのWINDING ROADをおもむろに貼ってみました。

絢香…

といえば、先月の某イケメン俳優との結婚という電撃的な発表でかなりの女性を敵に回した感がありますね。
実はvansanの身近なところにも、お相手の俳優の熱狂的なファンがいるのですが…
今はその話題になるとすぐ興奮するんですよね~。だから、今はなるべく避けてます(笑)。
絢香も好きな人と結婚しただけなのにちょっと可哀そうですよね~。
あ、こう言うとけっこうグサッとくる方ももしかしたらいるのかな?…すみません。

このパワフルな歌声を聞いてどうにか前向きになってもらいたいんですけどね~、火に油か…。


2009.05.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | おもむろYouTube動画

あれ?この人どっかで… ~その2~

昨日のつづきです。


まぁ、様々な理由があるのでしょう。

あ、一つ言っておかねばならないのは、別にKちゃんがその子のNG客で、遠まわしに受付を断られたというわけではありません。
事実、その後は普通に会えていましたから。

恐らく今回の場合は、少ない出勤数を誤魔化すためという見栄え的な問題でしょうね。
店に足を運んだ客を帰させないというような。

それにしても最初に一旦嘘をついたのに、よく本当のことを言いましたよね(笑)。
これはKちゃんの人柄を見て判断したのかもしれませんね。
嘘をついていたことに対し非常に申し訳なさそうにしていたそうです。

私なんかもそうですが、Kちゃんも別にそんなことじゃ怒りませんよ。
店でもんちゃく起こすなんてのは一番避けたいことですから。

そのことをKちゃんから聞いて、かなり驚きましたね。
その正直な対応に(笑)。
店のやり方を貫けなかったので、そのお店の店員としては失格かもしれませんが、その対応はvansanとKちゃん的にはかなり好感を持てました。
あ、ちなみにvansanはそういうやり方について否定はしませんよ。
店のやり方は店によって様々で、その店はたまたまそういうやり方だったというだけのことですから。
こちらはお店を選ぶ側ですし、もしそのやり方が気に食わないのであればその店には行かないという選択肢もありますからね。

そうしてvansanとKちゃんはそこにしばらく行っていましたが、しばらくするとその店員を見かけなくなりましたね~。
そのうちに2人とも、そのグループには上記の店のやり方うんぬんとは違う理由で行かなくなりました。

時が経ち、そんな店員がいたことも忘れていました。

ある日のこと、vansanはとある場所にある風俗店とはまったく関係のないお店で働いている人に見覚えのある顔を見かけました。
あれ、どこかで見たことあるな~と…。
髪型や風貌は全く違えど、その印象に残ったという店員の面影を感じたのです。
凄くワイルドな感じになっていたんですよ。

背格好や顔の雰囲気だけは面影が残っているんですよね。
当時、その店員に会ったのも数回ですし、顔をマジマジと見たこともなかったので、vansanだけだとその人だという確証が持てないんですよね。
だから声を掛けることが出来ません。

で、後日Kちゃんにも確認してもらおうと、その店に行ったのです。
その人を見たKちゃんは、vansanと同じようにあの人の面影を感じるというものでした。
確証は持てないけど「そうなんじゃない?」と。

確証までは持てないけれど、2人とも「かなり、そうっぽい」という感想でしたので、可能性は相当高いのではないかと思います。

逆に彼の場合は、こちらのことは覚えているでしょう。
vansanらは風貌がそれほど変わってませんからね。

こちらとは違う意味で声を掛けてこないんでしょう。
ピンサロに通っていた人だからという気を遣ってのことか、それともただ面倒くさいからなのか…。
恐らく後者でしょうね(笑)。

ちょっと困るのは、vansanのお気に入りだった子がバレバレなんじゃないかということですね(汗)。
もう、そこだけは忘れていてもらいたい…。

長くなりましたが本当にどうということのない話でした~。

2009.05.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | ピンサロ

あれ?この人どっかで…

今回も、どうということのない話なのですが…

以前、vansanとKちゃんが行っていた店…というかグループの中に1人、印象に残る店員がいました。
vansanとKちゃんはそのグループ内の別々の店舗でその店員を見ていたのですが、その店員に対する印象は2人とも好印象というものでした。

その店員の年齢は当時で25前後ですかね~、これはvansanの推定ですが。
丁寧な対応で、事務的ではなく臨機応変な対応もしっかりと出来る人でした。
物腰が柔らかいんですよね。

それは当然といえば当然のことなのかもしれませんが、そのグループの中では際立ってました。

でも、そんな彼もお店のためには嘘もつくのです(笑)。
これはお店のやり方で上から言われていることなんですかね~…、きっとそうだと思います。

それは、Kちゃんが店に行ったときの対応のことでした。
女の子の出勤数が少なめの日だったのですが、Kちゃんはお気に入りの子目当てで来ていたので、出勤しているとされる女の子の写真から、その子を当然のように指名します。

「そうですね…、今からですと待ち時間3時間ほどになってしまいますが…」

この3時間という時間、なかなか待てないですよね~。
お気に入りの子が目当てでも、待てる待てないで分けたとして、ギリギリで待てない側になる時間になるのではないでしょうか。
それは、聞いた瞬間にうんざりして諦めさせるのには十分な程。

「じゃ、それで」

と、Kちゃんは言ってみたそうです。
その店員は「3時間待ち」と言えば、こいつはこれで諦めるだろうと高を括っていたのですかね~。
ただ、vansanとKちゃんは写真が出ていても実際には女の子が来ていないことがあるということを他の女の子から聞いていて知ってましたから。

その店員は、Kちゃんのまさかの「じゃ、それで」に驚いたことでしょう。

人気店の人気の女の子が3時間待ち、5時間待ちというのは普通にあることですが、ここの店でそれは考えにくいですし、何よりそういうカラクリがあることを知っていましたのでKちゃんも簡単には引き下がりません。

「本当に大丈夫ですか?」

と、念を押す店員。

「ええ」

と、店員のブラフであろうということを察し、引こうとしないKちゃん。
するとその店員は、

「…ええとですね、実は○○さん本日…」

と、正直に実際は出勤していないということを言ったそうです。
申し訳なさそうに…。


長くなってしまいましたので、次回につづく…m(_ _)m

2009.05.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | ピンサロ

「イノセント女学院」 ~体験レポ NO.14

今日はちょっと迷ってたんですよね。

人生という名の道に。

んなこたぁない(笑)。
ピンサロどこにしようか…、いや今日は行くのか行かないのかで迷ってました。

そんなときにイノ学の本日の出席簿を見て、久しぶりにたくさんの女の子が出席しているのを見て、なんか嬉しくなっちゃいまして…
行っちゃいました。
イベントでもないのに多数の出勤、頑張っている感じがして、どうも応援したくなるんですよね~。
調子乗ってますね、私(笑)。

さて、いつものビルに到着、エレベーターで3階へ、イノ学IN。
料金の支払い、爪チェックを終えると即ご案内でした。

靴を脱いでフラットシートに上がりお茶を一口飲むと、本日の女の子がブース内に入ってきました。
ちょっと細身の子ですね~。
vansan的にはもっともっとお肉がついていてもいいのですが。
そしてお顔ですが、かなり可愛いんじゃないですかね~。

そんな子と話をしていると段々とイチャイチャモードへ突入。
華奢な体をきゅっ。
キス…。
そしてブラウスのボタンを外して、現れた乙パイをまぁ一通り…。
パンツを脱がして、やっぱり一通り…。

女の子がvansanのベルトをカチャカチャとしだしたので、ベルトを外し脱ぎました。
互いの舌と舌をレロレロさせながら女の子はvansanのセキセイインコさんをサワサワ…。
そしてパンツも下ろし、準備完了。

フェラーリスタート。
vansanの好きなヌラヌラ系ですね。唾液で手を滑らすのもvansan好み。
手を一切使わない方が良いという方もいますが、個人的には手を使ってくれた方が断然にフィニッシュを迎えやすいですね。
時間は少し過ぎてしまいましたが無事にフィニッシュです。
vansanの放出したものを口に含んだまま、こちらのを丁寧に拭いてくれました。
先に出していいのに…。
着替えを済ませて女の子は一旦下がります。

vansanがいた時は周りのブースもしっかりと稼動してましたね。
良いことです。

女の子が名刺を持って戻ってくると、それを貰ってお別れ。
ブースを出ると、一緒に手を繋いで店の外に出ます。
明るい所で見る顔も可愛かったですね。
そこでまたキスをしてバイバイと。
エレベーターを降りて、今日は来て正解だったなと思いながらビルを後にしました。

だいたい計画してから行くことが多いのですが、今日みたいに思いつきで行くのもアリなもんですね~。
最近、橋本付近に転居されたという方も多いかと思います。
イノ学
はオススメなので、まだ行っていないという方は行かれてみてはいかがでしょう。
JK好きなら是非!

2009.05.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | ピンサロ体験レポート

なんちゃら学園

vansanが学生のとき、なぜか付き合いの多かった美大生。
おっと、そうはいっても友達のことですよ。誤解なきように。

美大生だから凄い奇抜な格好をしているんじゃないかと思われがちですが、他の人と別段変わったところはないですね。
小奇麗な格好している者もいれば汚い格好をしている者も…、それでもどこかに「自分は美大生だよ」的主張が見えたりはしてましたね。

さて、最近のことですが、とある美術大行きのバスが出ているバス停の前を通ったのですが・・・
ちょうどバスが到着したところらしく、並んでいた学生達が順々に乗り込んでいるときでした。

vansanは、まぁ当然のように女の子のファッションチェックですよ。
いやらし~目でね。
「あ、可愛い」「あ、美人さん」「あ、…いやなんでもない」みたいなことを心の中で思ってたり。
あ~、ごめんなさい、これじゃ顔チェックですね(笑)。

そんな中、一際目立つ格好をした女の子を発見しました。

赤の半袖セーラー服。

たぶん、なんかのアニメのコスプレでしょうか…。
そう、ネットのアダルトショップで買いました的な。
もちろん下は赤のミニスカでソックスは履いてましたかね~、そこはちょっと見忘れました。

罰ゲーム以外考えられないですよ、これ。

その子の周りに知り合いがいるというわけでもなさそうで、周りの者は周りの者で大人の対応、見て見ぬふりみたいな。
見ちゃいけない、触れちゃいけない…みたいなね。

ちょっと驚きましたね。
恐らく、あれで電車にも乗ってきたんでしょうからね。

何なんですかね、演劇部所属の子でその衣装とかですかね。
いや、それにしたってなにもその格好で通学しなくてもいいでしょと。
きっとその子は、その格好に揺ぎ無い何かの信念を持っているのでしょう。

顔はいたって普通の真面目そうな子でしたよ。
だからこそ、周りも大人の対応だったのでしょうね~(笑)。

「そりゃないでしょ?」

と皆が思っていたのは間違いないでしょう。

さて、赤いセーラー、ミニスカ-トに生足と一部の方には受けるであろうその衣装ですが、
vansan的には、なしです。
もう、全くもって。

あれはないよ~(笑)。

2009.05.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | どうでもいいこと

«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

vansan

Author:vansan
────────────

このブログの主な登場人物

『vansan』
このブログの管理人。
「○○に似てるね」って言われる芸能人は大抵お笑い系という残念な人。他人のハードルはガンガン上げます。

『K』
管理人の友人。
「恋空に出てましたよね?」などと真顔で言われること数回、某俳優似のオサレ男子。
…え?ハードル上げすぎ?

────────────

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。